TWO 2 SIXTY

アクセスカウンタ

zoom RSS iPad への違和感の理由が分かった。デザインだ。

<<   作成日時 : 2010/01/30 17:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

iPod発表から3日。面白い記事をいくつか読んだ。
その中でちょっと気になったのが、ギズモード・ジャパンの
「まだiPadは失敗作だとつぶやいてるあなたへ... その予想は甘い!」

http://www.gizmodo.jp/2010/01/_ipad_is_not_fail.html

ようするに、ほとんどの人にはパソコンなんか必要ない。iPadがあれば十分。ってはなしだ。で、そう割り切ればカーソル+マウスよりも、指先一本の方が簡単で使いやすい。と。

ふむ。そうかもしれん。というのは最近僕自身もiPhoneの使い易さに馴らされつつあることを実感したから。パソコンを置いた机の前に座り、メールチェックやネットブラウジングをiPhoneでしてることが何度もある。頭で考えてやってるんじゃなく、そうしてることにふと気づく。お、これってつまり身体がMacよりもiPhoneの方が楽だと訴えてるってことだな。うーむ。

というわけで巨大なiPhoneと揶揄されてるiPadではあるが、悪くないのかもしれん。

とは思いながらやっぱりもぞもぞとした違和感が残る。っていうか実感的に欲しいと思わない。その理由は何かなーと思っててさっき分かった。iPhoneを積んだ本の上にぽんっと投げた。あ、これだ! と。

iPadの大きさと重さがあると、ぽんっとほうり投げるには抵抗がある。抵抗があるって言うか壊れる。って言うか壊れそうな雰囲気がある。精密機械ですって顔付き。それがよくない。

iPhoneの大きさならいくらか神経を使って丁寧に扱っても疲れない。机の上にそっと置くことが大してめんどうじゃない。しかしiPadの大きさだとそうはいかない。固いところに置くだけで少し神経を使う。そっと置くには両手を添えたくなるかもしれない。そういう扱いのやっかいさを感じさせるデザインであることが実際に想定される利用シーンにマッチしていない。
想定される利用シーンというのは、例えばソファに寝そべってお菓子の粉をディスプレイ上にこぼしながらeマガジンを読んでいる。ってかんじだ。

つまり、もっとラフに扱うことを誘うようなデザインにして、実際にタフな造りにできれば今僕が感じてる違和感はなくなる。それがiPadに必要なデザインだ。iPadが使われるであろうシーンに最適なデザインだ。

理想は、木の机の上に雑誌をぽんっと放り投げるのと同じように放り投げてもまったく不安がないデザイン。あるいはソファに置き忘れたiPadの上に誰かがうっかり座ってしまっても慌てることなく「おっと、ごめん。」ですんでしまうような。

iPhoneをうっかり落としたことのある人は少なくないだろう。僕もある。アスファルトの上に落としたが傷がついただけですんでいる。iPhoneなら「もし落としてもたぶん壊れないだろう。」とたいていの人が思っている。が、iPadの場合は「壊れるだろう。」と思う。この差だ。

もちろん簡単なことではないが、できないことでもない。

本気で作るとして一番問題になるのはディスプレイのガラス面の強度だろう。金槌で叩いても割れないガラスを奢りなさい。

全体を覆う筐体表面はジャケットを工夫することで事足りるのかもしれない。しかし、コンセプトを明確にヴィジュアル化するためにも装着して販売される必要がある。素材は紙っていう手もあるかもしれない。段ボールのような緩衝機能を持ちつつ見た目に美しい紙のジャケット。

いずれにしろ「ラフに扱うことが似合う素材、似合うデザイン。」であることが大事だ。
少し厚くなってもいい。少し値段が高くなってもいい。そういうデザインになればはっきりと欲しい。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

By TwitterIcon.com
iPad への違和感の理由が分かった。デザインだ。 TWO 2 SIXTY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる