TWO 2 SIXTY

アクセスカウンタ

zoom RSS 維新派 犬島公演「台湾の、灰色の牛が」

<<   作成日時 : 2010/08/02 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

先日の金曜日におおさかめっけの取材をかねて維新派の犬島公演を見てきた。
正午に新大阪駅を出発、新岡山からバスで岡山港、岡山港からフェリーで犬島。なかなか大変だ。暑かった。

犬島への足は小さいフェリーしかない。観劇する人は必然的にそのフェリーで向かうことになる。当然全員の席があるものと高をくくっていたら満席プラスアルファ詰め込まれた。おいおい。しかたがないので階段に座った。維新派見るのは楽ではない。それでもほとんどの日程がほぼ満席になるようだ。うーむ。

島に降り立つ。公演開始の18時30分までにはまだだいぶ時間がある。炎天下に汗をだらだらかきながらしばらく歩く。ぼーっとしてくる。ひょっとすると公演の間もけっこう暑いのかもしれない。それだときついなー、と心配したがそれはなかった。日没近くになると急速に気温が下がり、まあまあ過ごしやすいくらいになった。よかった。

公演のタイトルは
「台湾の、灰色の牛が」という。アジアの話らしいがまあ物語にスジがあるわけではないから予備知識は必要ない。
維新派をはじめてみるが、人から聞いた話や写真なんかから想像していた感じにだいたい近かった。動作、言葉を解体して新しく組み合わせる。っていうと難しそうだがそうでもない。ちょっと笑える。

主催者の松本雄吉さんの姿が見えた。いくらかぐったりした観客たちを横目に涼しそうな顔をして舞台裏へ向かう。その横顔を見てふと思った。ひょっとするとこの厚さしんどさ汗だらだらも計算のうち? そんなこと考えてると松本さんがいたずらっぽくにやりと笑った気がする。うぬぬぬ。

維新派の記事は近々アップします。乞うご期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして。
ここに辿り着くのは、一つの不思議な「絆」があります〜それはUNIQLOCKです。
簡単に自己紹介をさせていただきたいですが、私は北海道大学院国際広報メディア専攻・修士課程の学生です。UNIQLOCKがもたらした効果に対して非常に興味を持って、今現在これを中心に卒業論文の作成中です。
というわけで、UNIQLOCKを使っている、或いは貼り付けたことがあるアナタの力を借りたいです、この「絆」の力を借りたいです。よろしければ、このリンク先に、アンケート票を書いていただけませんか。http://www.my3q.com/survey/336/yukatata/7342.phtml

本アンケート調査は、私の修士論文作成のためにデータを用い、それ以外の使用はいたしません。データに関する分析や調査結果の発表など、すべてブログでhttp://ameblo.jp/zhulin74223/ 公表します。もちろんWORLD・UNIQLOCKにもリンクされています〜
なお、何かご不明なところがありましたら、ブログまでお尋ねしてください。

ご協力お願いいたします。
 
zhulin
2010/08/13 14:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

By TwitterIcon.com
維新派 犬島公演「台湾の、灰色の牛が」 TWO 2 SIXTY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる