TWO 2 SIXTY

アクセスカウンタ

zoom RSS 街中バイクトライアルの超絶技がすごくていろいろ思った。

<<   作成日時 : 2009/04/23 04:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://www.youtube.com/watch?v=Z19zFlPah-o

すごい。Danny MacAskill(なんて読む?ダニー・マッカスキルか?)というバイクトライアルのプロらしい。初っぱなからすごすぎて笑う。タイヤの三分の一ほどの太さしかない鉄棒が縦に並んだ鉄柵の上を、自転車で通ってみようなんてどうやって思いつく。脳では考えてないな。猫でもぜったい歩けない。まったくすごい。
しかもその捨て身の技は映像の後半さらに高度になっていく。
びっくりしながら、あきれながら見ているうちにふかーいところでじわーっと感動っぽいもんがやってきた。

僕らは日常を生きているうちに、「人間ってのはこんなもん」といつの間にか思ってる。いろんな奴はいるけど、それでもだいたい想像つくって思ってしまってる。
あるいは。
はじめて訪れた街を歩けば、そこには発見や驚きがある。何を見てもおもしろい。消火栓の形にしばらく見入っていたりする。でもそこで暮らせば何もかもがあっという間にあたりまえになる。

マッカスキルや、ビルを飛び移る連中が街中で見せてくれるすご技にワクワクするのは、その「驚き」が鈍磨した僕の感受性をもう一回ざらつかせてくれるからだ。

マッカスキルは街の風景を僕らが見るのとは全く違う視点から見ている筈だ。それは例えばカメラを持って街を歩くと普段見えなかったおもしろさが見えることと似ているかもしれない。あるいは射程数百メートルのライフルを持って街を歩けば日常の風景の退屈さは吹き飛ぶだろう。

マッカスキルは最後に立体交差の橋の上から一気に飛び降りる。通りすがりの何人かが驚いて上からのぞき込む姿が印象的だ。走り去るマッカスキルを見て、爽快な驚きに笑みを浮かべたかもしれない。同時に彼の存在は日常をかき乱す迷惑な闖入者でもある。
ものを作るということのやっかいさと同じだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

By TwitterIcon.com
街中バイクトライアルの超絶技がすごくていろいろ思った。 TWO 2 SIXTY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる