アクセスカウンタ

<<  2011年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


映画「悪人」雑感

2011/03/24 17:00
んーんんん。



ラストシーンが、とても美しかった。

深津絵里に魅せられた。すばらしい。最高。神。

なぜ「悪人」というタイトルをつけたのかよく分からない。原作は読んでいないが、この映画で妻夫木聡演じる主人公は最初から最後までちっとも「悪人」じゃない。弱虫ではあったが。
いろんなスタッフから妻夫木くん本人の評判を聞くが、それによると彼は端から端までとても感じのいい善人。そのイメージが主人公から消えることはなかった。今回の役柄にはそれが合っているから文句はないはずなんだが、「悪人」というタイトルからこっちが勝手に不気味な悪人像をイメージしてて、それに比べて甘い、となんだかよくわからない理不尽なことを思った。

そのことは別にしても、人間の捉え方が単純すぎるだろうという印象は残る。

満島ひかりやばいな。

柄本明と樹木希林は禁止。二人を振り回して殴り倒せる監督でなければ二人に触れてはいけない。いるのか。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


いいなあ。Lynx Excite Angel Ambush London Victoria

2011/03/16 14:36
バカバカしくて、可愛くて、泣けた。




え、なになに?って段階でもうみんな笑ってる。
いいアイデアって結局人を元気にするってことやね。

で、LINX(AXE)ってこうやって次々に人を楽しませることそのものがプロダクトやね。そこがおもしろい。
実効がどの程度か知らないけど、買う人もまるまる信じてるわけじゃない。この楽しさを買ってる、が半分くらいはあるかなと思う。
だからLINX(AXE)は、休むことなく次々に面白いアイデアで世の中を騒がせ続けないといけないんだけども、それがあんまり大変そうに見えない。気楽に遊びながらやってるんじゃないかなあ。いや、そうだとしたらすごすぎるんだけれども。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


東北地方太平洋沖地震。疑問二点。

2011/03/13 12:34
あまりの凄まじさに、いったい何がおこっているのかまだうまく把握できていない気がする。
亡くなられた方々へのご冥福を祈る。これ以上ひどいことが起こりませんように。助けを待つ人たちに一刻も早い救援の手が届きますように。

刻々と明らかになる惨状を見つめながら、疑問に思うこともある。

一点は原発事故報道。枝野官房長官は原発事故の状況を実際より軽く伝えて、訂正することを繰り返した。
なぜだ? そんなことに何の意味があるのか分からない。パニック? もしも正しい情報を流すとパニックを引き起こすと思っているならその根拠を。そんなものがあるとは思えないのだが。

正確な情報が的確に伝えられれば周辺住民も日本全体もパニックを起こすことはないのではないか。パニックを起こさないために重要なのは政府に対する信頼だ。真実が伝えられているだろう、避難・退避の誘導が最良の方法で行われるだろうという感触だ。
逆に言えば、「あれはまあ、何というか、少し嘘でした。いろいろ事情がありまして、ごにょごにょ…。半径二十キロ逃げてください、あ、やっぱり十キロでも大丈夫かな。」とやればパニックを引き起こす可能性を高めることができる。

枝野官房長官だけじゃなく、広く一般にも刷り込まれている「事実を伝えるとまずい」という思い込みは、災害映画などがストーリーを盛り上げるために採用する政府側の典型的な無能対応によって植え付けられた根拠のないイメージなんじゃないかと疑っている。


もう一つは、海外からの救援隊をもっともっと迅速に受け入れることはできないのか、ということだ。
正確な情報を十分集めて慎重に検討して救援計画を立てて、、、、という暇はない。今現在も生死の瀬戸際で救援を待つ人たちが瓦礫の下に無数にいる。

大災害が起これば、例えば、首相の宣言一つで、海外から救援隊を即座に受け入れ、どんどん活動してもらうことはできないのか。それを阻むのが何なのかもう一つよく分からない。
海外からの救援隊が実は同時にスパイ活動もしている、という話もあるが、それがどうした? 別にいいじゃないか。
かえって現場が混乱すると考える人もいるだろうが、それならそうならないための準備を平時に整えておけばいい。

例えば、「もしも大災害があり、当事国が望むなら、取り決めの範囲で、自由に救援活動できるようにしましょう。」とか話し合っておけばいいんじゃないのか。もうやってるのか? だいじょうぶか?

今回のような大災害のケースでは政府も全然状況を把握できてない。だから受け入れられないってのはかんべんしてくれ。
情報収集も全部頼めばいいじゃないか。メンツは捨てて。とんでもない大地震なんだからしょうがない。
必要があれば、「情報収集も、その分析も、分析に基づいて最適な救援方法を考えることも、その部隊の移動も、食料も、救助者の搬送も、救護所の設置も、全部何もかもやってくれる部隊に来てほしい。」と頼めばいいじゃないか。

可能性としては政府機能そのものが失われる大災害だってありうるのだから、全部丸投げで頼むってのは全然おかしなことじゃない。

そうした自律的な部隊と日本側がどう連携するかはそれこそ「優秀な」官僚諸君が完璧に考えてくれるだろう。そのために超一級の頭脳をそろえているのだ。




今は批判してる場合じゃないのかも知れないとも思う。なかなか捗らない状況に苛立ってとにかく誰かに文句を言いたいって気持ちも僕の中には確かにあるが、もっともっとしっかり考えてくれ、助けてくれと思う気持ちも本当だ。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


Googleが地震情報を効率よくまとめ、リアルタイムで更新している。

2011/03/12 09:57

こちら↓
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html


消息確認ツールも貼っておく。




一人でも多くの人が救われますことを。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2011年3月のブログ記事  >> 

トップへ


By TwitterIcon.com
TWO 2 SIXTY 2011年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる