TWO 2 SIXTY

アクセスカウンタ

zoom RSS ラグビーW杯、オールブラックス戦でのジャパンの大敗は次の二勝を劇的に盛り上げるための布石なのだ。

<<   作成日時 : 2011/09/18 17:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

ばさーっと、大敗してしまった。
普段からラグビーを見ていない人たちがたくさん見てくれたと思うけど、がっかりさせてしまったのがくやしい。

もちろん、分かってる人はみんな接戦できるなんて思ってない。ありえない。

僕は、50失点以内に抑えれば大殊勲と思って見てた。それなら感動して泣きながら酒が呑めた。それくらい差がある。
50失点以内なら、がっかりするにわかファンに「ちゃうねん。がんばってん。すごかってん。」って説明してまわった。

それでも83失点はやっぱりとられすぎ。残念。

いや、実力差通りの結果ではある。まあ、力の差はこのくらいだ。主力を温存しての結果と考えれば検討したとも言える。

でもねえ。古くからのラグビーファンはそう思えるけど、「お、ラグビーってW杯やってんの?へえー、見てみるか。」ってくらいのひとは、なんだ、観るんじゃなかった。ってなるよな。

あーーーーー。
くっそーーーー。
確実に強くなってきたんだけどなー。

密集サイドのゴリゴリのパワー突破を止める力は世界に劣ってなかった。
攻撃のブレイクダウンも頑張った。
スピードと小さいつなぎで小さな穴を突く攻撃は通用した。日本が余裕で回してチラッとオールブラックスの慌てる顔も見た。
なんだけどなーーー。

一部通用してもやっぱりオールブラックスはずーっと遙か遠くにいる。


1995年にオールブラックスに145点差負けした。あれでそれ以降の日本でのラグビー人気は凋落した。
そこからじわじわ十六年かけて日本ラグビーは立てなおしてきたんだけど、それをご破算にしてしまうかどうかは残す二戦、トンガ・カナダ戦にかかっている。そこで勝てなければ、あのショックをまた繰り返すことになる。

残す二戦は日本ラグビーの今後10年を左右する戦いになる。
なんとしても進化を見せてトンガ、カナダに快勝しなければならない。

そういう重圧の中だけど、それを力に変えて彼らはきっとやってくれる。そういう予感がしてる。
見逃すな。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オールブラックス強い!
今日は夜中中継されるラグビーワールドカップ「JAPANvsオールブラックス」を見ようと頑張って起きていたら中継前の「報道ステーション」で結果が放送しているじゃ〜あ〜りませんが〜... ...続きを見る
mingoh's観戦レポート
2011/09/19 05:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

By TwitterIcon.com
ラグビーW杯、オールブラックス戦でのジャパンの大敗は次の二勝を劇的に盛り上げるための布石なのだ。 TWO 2 SIXTY/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる